読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かぜきりウォーカー

普通の日記も書いてます マリア・・・あんみつに喝を入れる人。 あんみつ・・・ブログ作成者。自作のオリジナルキャラマリアに喝を入れられる人。 ツイッター@TaruComplex

Twitter診断作ってみたよ ストーリー診断

マリア「あんた自由研究どしたの」

 

あんみつ「うん、進んでないね。設定盛り込みすぎて削ってみるも進まないね」

 

マリア「そもそもストーリー作りもしていないでしょうが」

 

あんみつ「ストーリーさえもどんづまりです」

 

マリア「解決させるために何かしているの?」

 

あんみつ「あ~!ツイッター診断使ってみたよ」

 

 

ランダム表示

 

f:id:arusea44:20170330214353p:plain

 

あんみつ「ためしにこんな感じで」

 

マリア「ふむ、シンプルだね。いいんじゃないかい?」

 

あんみつ「それがねえ、矛盾出まくりだし、こう、もっと妄想ときめくものが生成できるようになりたいの」

 

マリア「いやぁ、この段階で面白くしようと試行錯誤するのに意味があるんじゃないのかい?そもそも、鍛えられた人はそういったことから始めて、鍛え上げられたからこういったランダム機能に頼らない能力になっているんじゃあないの?

 

あんみつ「そう言われるとミもフタもない」

 

マリア「大抵は自分のかきたい!とかこれを盛り込みたい!から作成するから、こうして人に提供してもらったものは扱いづらいと思うよ。なんたってあんたはその知識も経験もない。この題材を使って物語を作るのは無理ってもんよ」

 

あんみつ「いや~そういわれたら確かにこうしたランダム機能使って作成できた覚えはないんだけど…どしたらいいの?」

 

マリア「興味のある分野について勉強するのがコツコツ確実にできるじゃないか。手を抜こうったってそううまくはいかないもんだよ」

 

あんみつ「はぁ~結局勉強か~一応読むには読んでるけど。長続きしないし~」

 

マリア「あんたね、記憶力高くないのにノートにとったりしないからだよ。応用もすぐにしておかないと忘れちまうだろう。」

 

あんみつ「ごもっともです」

 

 

迷走中

 

 

 f:id:arusea44:20170330220029p:imagef:id:arusea44:20170330220036p:image

 

あんみつ「こちらもお世話になっている「錬金レシピ」アプリです」

 

マリア「どんだけランダム頼りやねん」

 

あんみつ「もう検索してもみつからないので終了したアプリかもしれませんが、これでキャラクター作成しているのですよ。あと多分使用用途違う」

 

マリア「でも、使い勝手は良さそうだね。キャラクター作成の時のように世界設定もできたらいいんだろうけどねえ」

 

あんみつ「世界設定って生き物がつくったものも、自然の現象も関わってくるから自由な要素が多いよねぇ」

 

マリア「ま、その通りだね」

 

あんみつ「プログラミングする気はないけど、こういったアプリのような理想的なランダム機能を作成していきたい所存です」

 

マリア「ほんと懲りないねえ」

 

あんみつ「こういう広がりまくって手を出しまくって盛りすぎたストーリーを自分の納得のいくように作成するには、やっぱり経験なのかな~」

 

マリア「まぁ試行錯誤は必要だろうけど、参考になる本を読みなよ。一番は人とかかわりを持ってストーリー作成するのが効率良いけどさ」

 

あんみつ「ストーリーのために友人を作るかと言われるとハードル高いので遠慮しときます」

 

マリア「その態度を崩せばマシになるんだけど…あんたも頑固だから追及するのはやめておくよ」

 

あんみつ「精神的にありがたい。でも作ってみてわかりました」

 

マリア「それはいったい」

 

あんみつ「ストーリー書き始めた方がとってつけてができて進めやすい」

 

マリア「伏線はったり回収したりができないあんたにはちょうどいいだろうさ……」

 

あんみつ「マリアも設定考えないでストーリー進めながらできあがった人だから、その方がいいのかも」

 

マリア「それはつまり、答えは出てたってことじゃないか……?」

 

あんみつ「それに気付けたってことだよ!すごーい!

 

マリア「そうだね、フレンズによって得意なことは違うからね……」

 

あんみつ「なんか呆れていらっしゃる…?」


スポンサードリンク